2018年07月10日

大雨が降ると

 大雨が降ると、東海豪雨の頃のことを思い出します。
 帰れなくなるからと言う話で勤めていた役所から定時に帰った僕は、保育園から実家に連れて帰ってもらっていた長女を抱いて、ふくらはぎ辺りまで溜まった水の中、歩いて家に帰りました。育休中の妻と7ヶ月の二女が待つ家にです。すごい雨だね〜 大変だね〜と言いあうのも笑顔の、温かい家庭でした。
 でも、その時僕は、違法な薬を使い始めていました。翌日から始まった災害対応の仕事も、薬を使って目を覚ましてやっていました。
 翌年には、東海豪雨で必要性が明らかになった災害弱者への支援策を計画として策定することが、僕が担当する仕事の一つになりました。やりがいのある仕事と感じていました。仕事を終えて帰宅すると、家では妻と2人の子どもが笑顔で迎えてくれました。幸せでした。
 でもその頃には、僕は薬なしではいられなくなっていました。自分の望むとおりの家庭や仕事があっても、薬を止めることはできませんでした。仕事で災害時のことを思い描いてみても、その時自分はどうやって薬を手に入れられるかと言うことが気になって仕方なかった。
囚われていました。

 その後、刑務所まで行くことになり、家族も仕事も失ってからようやくダルクにつながり、今があります。
 今日も仲間と一緒に長良川の河川敷を走りました。今の僕は、薬への囚われから解放されています。今日の僕には仲間と走る喜び以外に気に病むことはありませんでした。ダルクのプログラムをやってきてよかった。

 この地域は幸いにして深刻な事態にはならなかったけど、それでも大雨の跡がたくさんありました。
 被害にあわれた方々が早く笑顔を取り戻されますよう、心から祈っています。  (タロー)

 【木が倒れ、流されてきたものがずいぶんいところに引っかかっていました。】
長良川1.JPG長良川2.JPG長良川3.JPG
posted by darc at 18:36| 日記

2018年07月09日

面接

仕事を探し始めて一週間。ようやく1つ面接を受けました。 ひらめき

 面接は20年ぶり。その時のことを思い出しました。まったく違う分野の仕事に応募して、「自分はこれができます!こういう事がやりたいです!きっとお役にたちます!」と必死にPRして入社した。
 けれど、その時にPRしたことは、自分を大きく見せて無理していたように思う。「できないことはない。」と自分を信じこませて、プライドの鎧を着て、一生懸命仕事した。そして、大方の夢は叶った。

 でも今はその仕事を失い、家族と離れて暮らしている たらーっ(汗)
 自分には新しい生き方が必要だexclamation×2

 今朝は、「ありのままの自分が正直に話せますように。ベストをつくせますように。」と祈った。
 祈った通り、正直に面接で話した。自分らしく話せた、ベストをつくした。だから、それでいいです 決定
「結果はお任せ」なので、返事を待ちます。  (ジュン)
posted by darc at 17:29| 日記

2018年07月08日

晴れた、晴れた。

見てください、この青空exclamation
ブログ写真 青空.JPG

昨日まで雨、雨、雨で何とも不快極まりない日々が続いていましたが、やっと晴れました。 晴れ

お昼にステップ(犬)を散歩に連れ出すと、嬉しそうに走り出しました。暑くてすぐにぜーぜー言ってあせあせ(飛び散る汗)日陰に座り込むんですけどね(笑)。散歩中に近所のおばさんが「やっと晴れたわね〜」と声をかけてくれる。ああ、幸せなのかもしれん。 わーい(嬉しい顔)

 午後は運動プログラムで長良川に行きました。およよよ。水底の石や魚が透き通って見える清流が、茶色の濁流が渦巻いて、全てを流しつくす勢いの荒ぶる川になっている。 雷雷 そんな川を見ながら、今日は久しぶりに5kmを走って、 変わらない自分を確認しましたるんるん  (ジュン)

posted by darc at 17:19| 日記