2018年11月26日

「プログラム=元気=喜び=安心」

今日は午前中にスタッフと利用者の4人で岐阜ダルクがかかりつけの各務原病院に診察に行ってきました。
僕が岐阜ダルクに繋がるまでに半年間入院していた精神病院です。退院をしてから約一年経ちました。
久しぶりにお会いした主治医の医院長先生や看護士さんが以前よりも元気になった僕の姿を見てとても喜んでくれました。ぴかぴか(新しい)
自分の回復を喜んでもらえることはとても嬉しいことです。感謝します。わーい(嬉しい顔)
今日はステップハウスで料理プログラムがありました。メニューは、チーズのせクリームシチューとサツマイモサラダでした。
病院からステップハウスに戻った時にすでに食卓に用意されてありました。
丁度おなかも空いていて嬉しくなり早速いただきました。とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。るんるん
昼食の後片付けの時に、今日の病院での出来事を施設長に伝えました。
その後、トレーニング室でベンチプレスをやりました。そこに居たスタッフにプログラムの事で相談しました。何だか安心した気分で運動プログラムへ出かけました。
フルマラソンを走って以来、最近はイベントも重なりきちんと走れていません。しっかりストレッチをしていってきまーす手(パー)(ヨッチャン)
posted by darc at 17:44| 日記