2018年11月08日

女性ハウスの私達パート9

image1.jpegimage2.jpeg
一ヶ月前、
新しい仲間が
立て続けに入ってきました。
そのなかでも、
何とか繋がり続けることの出来ている仲間が
最近生活にも慣れ
今日はミネストローネを作っていました。
自助グループのイベントに参加するためや、必要なお金を貯めるのに
自炊して料理がグレードアップ。
やきそばばかり作っていたのが
ミネストローネなんておしゃれ。
しかも、まだ繋がって二ヶ月も経ってないのに
この前仲間と10キロ走ることに挑戦していて、びっくり。
な、なんて凄いんだ。
ちょっと、そんなに頑張らなくてもいいんだよ、エネルギー切れしないのかしらと、
サポートする方も心配。
でも、過去に絶対やるもんかと思ってたことで
私たちも新しい生き方を学んで
変えられていきました。
今となっては、ダルクサイコー!
とか思っているので
新しい仲間がこれから
どんな風に成長していくのか
楽しみで仕方ありません。
新しい仲間は、
感情がジェットコースターのように
移り変わります。
プログラムはハッキリ言って
楽じゃない。
だから、辞めたくなるのも、
わかります。
でも、それをやって自分が助かってきたことを
新しい仲間がマネして
繋がり続けていると
こんな奇跡的な仲間に寄り添える自分も、
実は支えられています。
女性ハウスからデイケアまで歩き、
運動で走り、
夜の自助グループのミーティングにも
歩いていきます。
スニーカーで擦れてしまった
新しい仲間の
かかとのキズは、
回復の証です。
(ケイコ)
posted by darc at 22:41| 日記