2018年11月06日

女性ハウスの私達パート7

image1.jpeg
女性ハウスは
毎朝8時になると
ハウスの中の掃除をします。
「トイレやりまーす。」
「じゃあ私、2階の掃除機。」
「そしたら、キッチンやるねー。」
そんな掛け声をかけあいながら
それぞれの場所を掃除しています。
今日は2階の掃除機をかけていたら
仲間の部屋に
ホワイトボードがかけてありました。
火曜日と金曜日はマット洗いで、
土曜日は備品チェック…
女性ハウスでの
やることや、
役割でやらなくてはいけないことなど、
仲間が忘れないように
工夫していました。
私もやることが色々あると、
メモすることもしないで
大丈夫でしょと思っていたら
ヤバいことになった事があります。
仲間と一緒で、
自分なりに
忘れないために
努力するということをやる必要があるんだなって思って、
私もやるようにしましたが、
過去は今よりもっと執着して
物凄く小さいことを覚えていました。
人の予定まで覚えていました。
でも当時は、かなり暇だったんだと思います。
最初は、頭で覚えられないなんて頭悪いと思っていたのですが
いやいや、
きちんとメモや覚える努力をしない方が
後々の自分によくないよね
と、気付かされます。
というか、人間だから、
完璧にインプットなんかできませんよね。
でも、以前の自分は
それができると思っちゃってました。
私は記憶力がいいんだから
くらいに思っていました。
…そうじゃなかった。
ただ、忘れることがないほど、
暇なだけだったんです。
それくらい、
薬しかやってなかったんです。
色々気付かされます。
(ケイコ)
posted by darc at 21:19| 日記