2018年10月30日

女性ハウスの私達パート3

image1.jpeg
岐阜ダルクでは、
有難いことに
「備品」があります!
基本的には、自分の食料やタバコや、自助グループに参加する交通費は
生活費2000円の中から出します。
でも、この「備品」はダルクの会計から出してもらえるので、
そのおかげで私達は
お金が回復のために貯められています!
ランニングシューズを買い、
シティマラソン参加費を払い、そこに参加します。
あと自助グループのイベントに参加したり、
新しい生き方のために
以前には選ばなかった服装や髪型に挑戦します。
備品リストを見ると
結構たくさんの項目が。
でも、これはダルクが用意してくれるわけではありません。
会計はダルクですが
物品は自分達の足で
歩いてスーパーに買いに行きます。
女性ハウスでは
毎週土曜日あたりに
みんなで備品チェックをして
無いものをリストアップ。
みんなマヨネーズが大好きで、
つい3か月くらい前には
スタッフから
「マヨネーズは月に2本まで!」
と、指令が発せられました。
マヨネーズの消費量、
恐るべし!
(ケイコ)
posted by darc at 13:34| 日記