2021年07月15日

責任

皆様こんにちは、依存症のヨッチャンです。ひさしぶりのブログ当番で緊張しております。わーい(嬉しい顔)
施設の就労プログラムでコンビニのアルバイトを始めてから1年と9ヵ月が経ちました。あせあせ(飛び散る汗)

当時、アルバイトの面接で自分が薬物依存症であること、岐阜ダルクに入寮してリハビリ中であること、薬物を使ってきた理由など、できるだけ正直に話しをしました。あせあせ(飛び散る汗)

冷静になって考えると、面接で不利になるような話ばかりをしてしまいましたが運良く採用になりました。後で店長に聞いたのですが、あの時面接で正直に話をしたことを評価されてとりあえず採用してくれたそうです。

人手不足の問題もあったそうで、どうせすぐに辞めるだろうと初めから僕には期待していなかったそうです。がく〜(落胆した顔)少し傷つきましたが(笑)、ここのコンビ二は来るもの拒まず、去るもの追わずと言っていました。ダルクと一緒です。目

しかし、あの時正直に話したことが後々自分に大きなメリットとして返ってきました。パンチ
そのメリットとは責任です。過去に僕は薬物を使いながら無責任なことばかりをして周りに迷惑をたくさんかけてきました。ふらふら

自分が薬物依存症であること、岐阜ダルクでリハビリをしていることを知ってもらった以上、無責任なことはできないと思うからです。exclamation僕がいい加減なことをして無責任な評価をつけられてしまったら、他の依存症の仲間やダルクの評価にも傷がつきます。手(チョキ)

仲間は許してくれるかもしれないが世間の評価は厳しいと思います。
世間では当たり前のことかもしれませんが今まで責任から逃げてきた僕にとって、責任を感じれることが僕のメリットです。ぴかぴか(新しい)

今日はヨーガプログラムがあります。
半年ぶりですが、これから仲間たちとヨーガマットを持って行ってきまーす!手(パー)  
IMG_1232.jpg
(ヨッチャン)
posted by darc at 17:27| 日記