2021年05月24日

僕と音楽

僕は生れた頃から家が音楽教室ということもあり音楽が大好きでるんるん、音楽にずっとかかわりながら生きてきました。22歳の頃からクスリが始まり、クスリ仲間とやっていたことは「音楽」でした演劇
その時の親友は音楽を真面目にやっていて、そいつが作った歌を僕が歌うようになりました。

同棲していた彼女と別れ、絶望の淵にいる時ももうやだ〜(悲しい顔)、僕が主人公の歌を作ってくれて歌ってました猫
僕たちは当時流行っていた沖縄の音楽が大好きで、沖縄に憧れていましたぴかぴか(新しい)

ある時、そいつが電話をしてきました電話
「片道切符で沖縄に行かないか?飛行機 切符は用意するから」と。当時、僕はクスリにハマっていたから「クスリが無ければいかない」と断りました。
結局そいつは僕が1回目の刑務所に務めている間に交通事故で死んでしまいました。台風

それから僕はなぜか「沖縄に行かねばならない! 沖縄に何かがあるような気がする!」と思うんだけれど、クスリにどっぷりで地元から身動きがとれなくなっていました。あせあせ(飛び散る汗)

今、ダルクにつながって11ケ月がたちました。シラフで生きる幸せを感じられるようになりました。晴れ
過去の僕は、いつからかクスリがないと動けなくなり、「クスリを一生続けていくしかない」と覚悟していました。でも今は、シラフで生きていれば本当にやりたかったこと(沖縄に行く、そして憧れのロンドンで暮らすこと)も夢じゃないって思ってます。その為に、これからもダルクでしっかりプログムラに取り組みたいと考えています。ぴかぴか(新しい)

(ラジオ)
posted by darc at 19:24| 日記