2021年04月08日

僕と料理

こんにちは顔1(うれしいカオ)依存症のラジオです。

今日は僕がブログ担当だと言うことは、前もって知らされていたのですが、完全に忘れていて、夜の9時頃気付いて、夜9時半の現在ブログを書いている次第ですふらふらあせあせ(飛び散る汗)

思い返すと、クスリが原因で僕が3回目の刑務所に行くことが決まり、22〜3歳で覚えたクスリを今回パクられる43歳まで使い続けて初めて「クスリをやめて普通に生きられるようになる」と、車いすに乗り痩せこけながら、モルヒネをうって面会に来てくれた父親と最後の約束をして、僕もいよいよ覚悟をしてダルクにつながり9ヶ月が経ちました手(グー)

このブログもすでに何回か書いているので、過去に何を書いたか全く覚えていません。また同じことを書いているかもしれませんが、お許しくださいダッシュ(走り出すさま)

今日は料理プログラムがあり、僕も参加しました。今日は、3月につくれなかった「ちらし寿司」と「豚汁」と「ほうれんそうともやしのあえ物」をつくりました。料理が全くできないので、僕は大した戦力にはならず、それでも「ほうれんそうともやしのあえ物」を教えに来てくださる先生に教わりながら、なんとかかんとかつくりましたexclamation
あとは他の仲間ががんばってくれて、僕は手が空いたら洗い物をしていましたが、大きな鍋を夢中で洗ったりしていたら、洗い場は沼のように水浸しになっていましたがく〜(落胆した顔)

仲間のおかげで、料理プログラムは無事に終わりました。

ダルクはクスリをやめるとともに「自立」と「自律」を教えてくれる場で、僕も得意な仲間に料理を教わっていて、最近では、唐揚げ、とり大根、目玉焼き、焼きそば、味噌汁など、一人でつくれるレパートリーも増えました手(チョキ)
その料理の中で、僕は生まれて初めて鶏のもも肉2キロを買い、それを使って料理をしたのですが、その鶏肉がとてもグロくて、血がついていて、初めて本当に命のあるものを食べているのだと知りました。そこで、鶏、豚、牛を当たり前のように食べていた僕は、その生き物達に感謝しなければと気付かされました。そこから肉だけではなく、野菜もお金を出せば当たり前のように買えることに感謝しなければいけないことに気づかされました。
それだけでなく、料理を教えてくれる仲間、身元引き受け人になってくれた仲間、相談に乗ってくれる仲間、僕に話しかけてくれる仲間、僕がダルクにいられることを受け入れてくれる全ての仲間に感謝しなければいけないと気づかされましたexclamation×2

それがわかっても、相変わらず態度の悪い僕がいたりします。
感情のコントロールが、いまだにうまくできませんバッド(下向き矢印)
でも、9ヶ月経ち、始めの頃に比べたら徐々に良くなってきたような気がしますグッド(上向き矢印)
感謝の気持ちというものは、すべてのことにつながるのだとわかり、忘れがちなことなのだけれど、当たり前のことじゃないと知り、感謝の気持ちを持って常に生きていきたい今日この頃ですハートたち(複数ハート)  (ラジオ)


posted by darc at 23:06| 日記