2021年04月18日

僕とサポート

こんにちは。依存症のラジオです手(パー)

おかげさまで、僕は刑務所から直接ダルクに来て10ヶ月が経ちましたexclamation10ヶ月もクスリを止めてシラフで生活できているのは、やはりダルクの仲間のおかげです。一人では、絶対にクスリを止め続けることはできなかったからですexclamation×2

岐阜ダルクにはサポート制度(?)と言うものがあって、ダルクに来てしばらくはタバコ、買い物、運動、移動する時も、全部誰かしら仲間が一緒でサポートしてくれます。始めのうちは、タバコを吸うのにも仲間がついてくれるのがとても煩わしくて、面倒くさいシステムだと思っていましたふらふら
しかしそれは、一人で変な気が起こってクスリを買いに行かないようにとか、運動にしても全然走れなかった僕と同じペースで走ってくれたりと仲間に支えられていることに気がつきましたexclamation×2

やがて、タバコ、買い物、運動と順番にサポートがとれていき、一人である程度自由に動けるようになっていきました。そして、9ヶ月経った頃、僕もとうとう新しい仲間をサポートするようなりました手(グー)
始めてみて、仲間をサポートすることの本当の難しさを知りました。同時に僕は自分のことしか考えていなかったことに気付かされました。

新しい仲間との関わりで、本当にいろいろ学ばされます。
僕がダルクに来た頃の辛さとか、忘れてしまったことを思い出させてくれます。
まだ、新しい仲間をサポートし始めたばかりだけど、ダルクのなかでは「新しい仲間を大切にする」と言う考えで、僕もその考えはとても気に入っています。だから、僕もその新しい仲間をしっかりサポートしていきたいですわーい(嬉しい顔)
それが、自分の回復につながることにもなるから…  (ラジオ)


posted by darc at 17:00| 日記

2021年04月17日

部屋探し 始めました!!

な、な、なんと、先週の週末に、スタッフから「一人暮らしのための部屋探しをしてください」と言われましたがく〜(落胆した顔)
私は「やったー、嬉しい」と言いましたわーい(嬉しい顔)

その日に、早速不動産屋さんに行ってきましたるんるん
不動産屋さんに行って、部屋を探していますと言ってイスに座ると、緊張してきて、とても汗をかきましたあせあせ(飛び散る汗)

何と言っても過去の自分は親同伴で、部屋を決めてもらったり、もちろんお金も出してもらってきましたふらふら
男の人の家に転がり込んだりもしてきましたパンチ

今の自分は、一人で不動産屋さんに行きますexclamation
引っ越しに必要なお金も、アルバイト代を貯めてきたものです手(チョキ)

DSC_0223.JPG

場所的なことは、ある程度スタッフに絞ってもらいました。
あとの条件は、「バス・トイレは別で、南向き、駐輪場あり、エアコン付き、フローリングでちょっと広めの部屋」と、自分である程度考えましたひらめき

今日は探しに行けませんでしたが、とてもワクワクしていますハートたち(複数ハート)
施設に来て6年目の出来事ですexclamation×2  (ちさこ)


posted by darc at 17:03| 日記

自然の摂理

image0.jpegimage1.jpeg
みなさん、こんにちは。依存症のさわこです。
今日は仲間5人と、3月28日に植えた子達の様子を見に農作業へ行きました。にこにこ
ジャガイモは可愛らしい芽が出ていて、レタスは色が綺麗でした。

芽を取らないように気をつけてウネや、のり面の草をかき回して根っこを切ったり、ボーボーエリアの除草をしました。

そして、おまけがなんとタケノコ掘り!
ツルハシという斧を使って各自一本以上掘り起こしました。
イノシシが食べた残骸もあってちょっとびっくり。

帰り際、竹藪のほうを見て「今年は早いけど、葉が赤いので絡葉が始まっている。竹の秋がきたよ。今年は裏年だから、あまり取れないね」
と西部さん。
裏年??尋ねると、作物には表と裏があり、表年は豊作で、裏年は不作(温存期間)との事。

自然ってスゴイ!️米ぬかまでいただいて。
さぁこれからたけのこ茹でますよー。
オオデマリとリナリア(金魚草のちっこいサイズ)という畑に咲いていたお花をいただいたので早速、生けちゃいました。


posted by darc at 00:34| 日記