2020年10月21日

続けてます

ヘビー・アディクトでセクシャルマイノリティのミラクルです手(パー)

今日は、本巣の保護司さんたちの前で話す機会を与えられ、薬を使ったきっかけ、使ってどうなったか、ダルクに来てどうなったかということを話しましたexclamation 緊張して考えがまとまらなくて大変でしたが、今日々自分が取り組んでいる「大きな声でハキハキ話す」と言うことを意識して、何とかやり遂げました手(チョキ)

懲役9回も入っていて、少年の頃も鑑別所8回・少年院4回入ったことのある自分としては、何をもってしても止めようとも思わなかったし、自分が変わろうなんて思わなかったのに、ダルクにつながってから少しずつ変わってきたことを話しました。10か月も薬を使わずにいられていることも奇蹟なので話しましたひらめき

CIMG5988.jpg

明日どうなるか分からないけれど、今日1日を生きる。そうやり続けることで、いつか誰かへのメッセージとなれば…なんて思いますハートたち(複数ハート)
一人でもつながる人がいればいいのになぁと思っているので、仲間が開設に向けてがんばっている施設へと献金していただけた時、心から感謝の気持ちが湧きました。現在はスタッフになっている仲間ですが、最初同じ利用者同士だったし、心の痛みも分かっているからです。
つくづく周りの方々の支えとご理解あってのダルクと思いました。感謝の気持ちを忘れず、回復続けていきますexclamation×2(ミラクル)





posted by darc at 17:08| 日記