2020年09月01日

カルボラーナ

「感染したら秘密にが3割」
という見出しが今日の新聞にありました。コロナ感染症への偏見やストレスが社会で高まっているようです。
私もダルクに来る前、自身のコンプレックス(性的少数派・HIV)に対する社会からの偏見に怯えて生きてきました。
「知らない」ということは過大な恐れを育てるんだと実感しています。仲間がそう教えてくれました。

児湯のミーティングのテーマは「日々の棚卸」
僕らは過去を振り返って自身の点検をする習慣を身に付けていきます。

お昼は仲間と協力して12人分のカルボラーナを作って食べました。
CIMG5809.JPG
味付けが微妙過ぎてお通夜のように静かなランチとなりました。(苦笑)
CIMG5806.JPG
こうして同じ釜の飯を食う仲間。という絆は今日も深まってゆくのでした。(てっちゃん)
posted by darc at 18:08| 日記