2020年08月02日

愛の反対は無関心

みなさん、こんにちは。依存症のさわこです。
今日は午後から仲間と二人で「岐阜・野宿生活者支援の会」が主催するホームレス問題の講演会に参加してきました手(パー)

そこで話されていたのは、少年たちによるホームレスの襲撃事件が後を絶たないのはなぜか?と言う内容でした。
加害者の少年たちのほとんどが、世間で言う”優等生、いい子、空気の読める子”だそうです。周りの大人たちから誉められることでしか自尊心を保てないので(他律的)、ちよっとした失敗や他人のひと言で傷つき、自分に価値がないと思ってしまいもうやだ〜(悲しい顔)、その反動でもっと下だと思う弱い立場の人をいじめることで、ちんけな、なけなしの自尊心を保つとのことでした。

この行動は、私にも当てはまりますバッド(下向き矢印)
自分はがんばってるのにと、がんばってないように見える人を責めたり嫌がらせをして排除しようとすることがありますふらふら
私の嫌がらせは「シカト」です。聞こえないふりをしたり、本当は怒っていること、傷ついていることを知って欲しいとテレパシーを送ったりしていました。
無関心を装うことで、相手を傷つけました。

でも、今日の講演で「無関心は最大の暴力、最悪の差別である」と言う話には、とても考えさせられました。

私も、小学生の頃いじめられたことと、その仕返しに同じ人をいじめた経験があります。
その理由が自尊心の低さゆえのものだったと分かり、気づきの日でした。

自尊心を高めるためには @人と比べない A完ぺきを求めない B人を許す C自分を愛する が必要で、今生きている自分に100点をあげることだそうです。
12ステップとよく似ている内容でしたexclamation

「襲撃されても恨まない。根っからの悪い人間なんていない。オレはそう信じている。」
襲撃された人のコメントが、心に響きましたハートたち(複数ハート)
この人が一番自律していると、そう感じました。  (さわこ)



posted by darc at 18:13| 日記