2020年04月24日

感謝の気持ち

依存症のヨッチャンですわーい(嬉しい顔)
ダルクに繋がり7年目になります手(グー)

過去、薬物を使い続けて生きて来た結果、
色々な大切なものを失ってきましたもうやだ〜(悲しい顔)
お金もその中のひとつですバッド(下向き矢印)
当時の僕は貯金も所持金もゼロの状態で助けを求め、ダルクの門をタタきました台風

ダルクを利用するのにも費用が必要ですあせあせ(飛び散る汗)
費用の無い僕でもダルクは受け入れてくれましたぴかぴか(新しい)
その後、役所に連れて行ってもらいダルクのスタッフと一緒に生活保護の申請をしましたメモ
薬物依存症からの回復、治療の為の費用として国からの支援を受給させて頂く事になりました。
その様な支援のおかげで長い間、
安心してプログラムを行えてきた事に感謝いたしますexclamation×2

僕は今、施設の就労プログラムでアルバイトをしていますコンビニ
初めは、社会で働いて収入を得るという事が久しぶりだったので不安だらけでしたふらふら
仕事を覚えられるだろうか、職場での人間関係は上手くやれるだろうか、と不安は探せば幾らでも見つかりますダッシュ(走り出すさま)
しかし、目の前の事にベストを尽くす事を意識して一生懸命やっている内に段々と慣れてきて不安も小さくなっていきました手(チョキ)
ダルクのプログラムで学んできた事のおかげだと感謝しております目ぴかぴか(新しい)
(ヨッチャン)
posted by darc at 16:37| 日記