2019年08月26日

私の話

私の家は祖母、父、母、姉、私、弟の6人暮らしでした家
小さい頃から、自分の言いたいことが言えない、自分が我慢すれば物事が上手く回ると思っていました。
思春期になる頃から姉がタバコやシンナーなどの非行に走りだしました。
それから、家族はグチャグチャになっていった様に思います。
私はそこでも「苦しい、悲しい」などの感情にフタをしてきましたもうやだ〜(悲しい顔)
高校生になった頃には、姉の薬物問題は全盛期でしたあせあせ(飛び散る汗)
そんな時私は性犯罪の被害に合いました。
そのことも、誰にも相談できずに、私は姉の部屋から覚せい剤を盗んで使いましたどんっ(衝撃)
「これで楽になれた、いいものと出会った」と思いました。
でも薬を上手に使えるわけもなく、どんどん嘘を平気でついたり、盗みをはたらいたり、看護師をしながら風俗で働いて薬にお金をつぎこんで、家族や恋人、友人からも遠ざかって孤独になっていきましたバッド(下向き矢印)
精神病院への入院も何度も繰り返しました。
そして、すったもんだしながら、現在は岐阜ダルクのおかげで、薬を使わずに健康的な生活を送っていますぴかぴか(新しい)
以前は薬でどうしようもなかった自分が、今元気で過ごせている事は、本当に信じられない出来事です。
これからも、健全な人生が送れて幸せになる為にも日々プログラムに取り組もうと思いますわーい(嬉しい顔)
(まな)
posted by darc at 16:08| 日記