2019年05月06日

相談することの大切さ

image1.jpeg
今日も昼間は暑かったですね。
これからだんだん暑い日がやってくるのかと思うと
少々嫌な気持ちになります。
今日は運動から帰ると
仲間が相談があると言ってきました。
話を聞くと、
お金の使い方についてでした。
あれが欲しい、これが欲しいという欲があって、我慢すると辛い気持ちになるとのことでした。
以前の自分も岐阜ダルクに来たばかりの頃は
刑務所からも出たばかりだったので、欲しいものだらけでした。
その欲が原因でダルクにいることが嫌になるという感覚もありました。
過去の自分をミーティングで棚卸しをすると、欲しいものはどんな手段を使ってでも手に入れてきました。
でも、手に入れれば入れるほど満足感もなく、キリがありませんでした。
刺激を求めて行きついた所は薬です。
そして私が岐阜ダルクに来て相談してやってみたことは
お金を必要以上に持ち歩かない
ミーティングで過去のお金の使い方を棚卸ししてみる、
今欲しいものにお金を使わずに
献金を多く出して
回復のことにお金を使ってみる、
遠くのミーティング会場に行って交通費として使う、
今あるものを使い切ってから、次のものを購入することで待つことも覚えました。
…そうして時がたってから
欲しいと思うものが本当に手に入った時に
今まで感じたことの無い喜びが与えられ、しかも手に入れているものを大切にしようと思えました。
その経験を、今日は相談しに来てくれた仲間に伝えました。
仲間はより良き自分になるために
意欲的でした。
来たばかりのころ、私はプログラムの中で反応がかなり多かったと思いますが
今はそれが仲間のために役立っているので
反応が多くて良かったと心から思えます。
仲間に経験を手渡すことで
自分も支えられています。
その後、キッチンを見ると
仲間たちが明日の料理プログラムで出るデザートのレアチーズケーキを
作ってました。
お腹空きますね〜!
(ケイコ)
posted by darc at 16:15| 日記