2019年04月09日

ハイヤーパワーの恵み

日本カトリック女性団体連盟がいのちを守る運動をされていて、その中の基金の一部を岐阜ダルク女性ハウスに支援していただきました。わーい(嬉しい顔)
岐阜ダルク女性ハウス設立時からカトリック名古屋教区カトリック女性の会「樹の会」の皆様にご支援いただいており、樹の会の皆様が日本カトリック女性団体連盟に岐阜ダルク女性ハウスの活動に対し、支援のお願いの申請をして下さり、今回の事に至りました。
朝9;30からカトリック膳棚教会のミサに参加し、そこで支援金の贈呈式が行われました。
その後、岐阜ダルク女性ハウスの活動紹介をさせていただきました。
樹の会の皆様がとても暖かい眼差しで私達の話を聞いて下さって、一緒に涙する方も見えました。
いろいろな方々が岐阜ダルクや仲間のことを祈ってくれています。
ハイヤーパワー(神様)が岐阜ダルクを支えて続けてくれていることを実感しています。(かおり)ぴかぴか(新しい)
posted by darc at 16:56| 日記

「言葉が足りない、、、。」

 先日、ある会議に出席しました。その会議で自分の発言に会議が終わった後で思い返していると自分の言いたかった大事なことが抜けていたことにとらわれ始めました。ふらふら
夜の自助グループのミーティングが終わった後ナイトケアに帰ってその会議に一緒に出ていた仲間2人に自分の発言が言葉足らずだった事を聞いてもらいました。
過去の自分なら自分の言った事にも興味がないし、後から思い返すなんてことも無かったんですが、今の僕は自分の言った事を結構思い返す事をするようになれました。
自分が言いたかったことはなんだっただろうか?人に自分の言ったことが伝わっただろうか?とか、ダルクで教会に活動紹介に行かせていただくようになってから自分の言葉を考えるようになりました。
結構、とらわれるのって自分にとってはめんどくさいし、しんどいことですが人とコミニュケーションを取れるようになる練習だと思って練習していきます。
少しは自分の言葉には責任を持てるようになってきたのかな?
今日ステップハウスに帰って来て昨日一緒に会議に出ていた先行く仲間に本当に自分が言いたかったことを伝えれました。グッド(上向き矢印)(まさひろ)




posted by darc at 16:26| 日記