2019年03月20日

薬じゃなくてマスクを

今日は就労プログラムで仕事に行きました。
今日は朝から天気も良く、何だか目覚めもよくスッキリとした気持ちで工場に行きました。
スッキリした気分もお昼までで、工場の中はボイラーをガンガンたいていて暑いあせあせ(飛び散る汗) 去年の夏はホントに暑くて何回か倒れそうになったと職人たちが言ってましたが、今日の時点でこれだけ暑かったら、初めて工場で過ごす今年の夏はもつのかながく〜(落胆した顔)と少し心配になりました。
さらにお昼前ぐらいから鼻がムズムズしだして、目がかゆい、、、 もうやだ〜(悲しい顔) 花粉症? 鼻水、くしゃみも止まらない… あせあせ(飛び散る汗)  花粉症の薬を飲みたいexclamation×2と欲求みたいなものが出ました。
一般の人はこういう時、薬を飲むし薬を勧めてくれます。でも僕は薬物依存症なので、ダルクに繋がってからは医者で診察して出た薬も極力飲まない手(グー) とやってきましたが、飲みたいと頭で思うことは止まりませんどんっ(衝撃) 僕は薬を飲むんだったら花粉症の薬と分かっていても倍飲んだら倍効くと思っちゃうし、飲んだらそういう行動に出ないか?と考えたら全く自信がありません。今も。
職場の人に言ったらマスクをくれて少し楽になりましたわーい(嬉しい顔)   (まさひろ)
posted by darc at 21:34| 日記