2019年03月13日

「僕の視野は狭い?」

僕は自助グループで、書籍(文献やサッシの管理をする。)役割をやっています。
今度、その役割を仲間と変わることになり、その書籍の受け渡しをどうするかを考えていました。
書籍の在庫は、段ボール2箱あり、その段ボール2箱をいつ、どうやって、その仲間に渡すか!?と一週間くらい仲間と考えていました。
僕はダルクにいて、平日は就労プログラムに行っています。
仲間も昼間は働きに行っていて、時間が合わない。
どうやって段ボール2個をいっぺんに渡せるか!
そうなんです!僕の頭の中は、段ボールを2個いっぺんに渡せるか!!2個いっぺんに渡さなければならぬ!!なんです。
答えが出ないままダルクの先行く仲間にどうすればいいのかを聞きました。紙袋に分けて一個ずつ夜の自助グループに持っていけばいいんじゃない。
ビックリしました!
そんなシンプルな発想が全く自分には無かった。思わず、どうしようと話していた仲間と、顔を見合わせました。2人して、ずーっと話していたのは、
段ボール2個の受け渡し。
ひつこいようですが、段ボール2個!!なんです。自分の頭の固さに驚きました。
さっそく夜ダルクに帰ってから紙袋に書籍を入れて、準備して今日、持っていきます。         (まさひろ)
posted by darc at 18:04| 日記