2019年03月12日

「就労プログラム」

最近、ダルクで練習して来たことが、今、僕が働いている職場で役に立っていることを実感する事がよくあります。
就労プログラムでファミレスに行っていたときは、忙しくなったりすると、一人で何とかしなければならぬ!!とあせあせ(飛び散る汗)
一人で抱え込んで、一人でパニックになり、一人でイライラして、何でこの人たちは自分が忙しいのが分からんのだろう?ふらふら
何で手伝ってくれんのだろう?とイライラして、何かもういやや・・・。っていつも悪循環(妄想)で苦しかったんですけど、ダルクのスタッフに相談すると、手伝ってほしいと、お願いする。
シンプルな答え。
でも、僕の変なプライドがあって言いたくない、そんなこと言えない。もうやだ〜(悲しい顔)
でも、しんどい。これもプログラムだ!と思い。
何番テーブルお願いしまーす。とバイトの先輩にお願いしました。(こんなことでも僕には、勇気がいる事なんです。)
それから、だんだんと人にお願いする事が出来るようになってきました。グッド(上向き矢印)
今は、染色工場で働くことが僕に与えられていて、一人で抱え込んで苦しかった事をよく思いだします。
今の職場では、素直に助けを求めるようにして、分からない事は、素直に教えてもらうという事を実践しています。(まさひろ)わーい(嬉しい顔)



posted by darc at 18:03| 日記