2018年11月05日

あっちこっち

今日はスタッフと手分けして、フォーラムのちらし配りをしました。
スタッフは関と美濃方面、私は可児と多治見方面の市役所や病院などいろいろとまわりました。
先日開催したチャリティーコンサートのチケットをご購入いただいた方に会いました。
「少ししかチケット売上に協力できなくてごめんね。コンサートに行った方が、本当に感動しましたとダルクの人に伝えて下さい。」と言ってくれ、うれしかったな〜(かおり)グッド(上向き矢印)

posted by darc at 23:34| 日記

それぞれの役目

今日も、演劇の先生に演技指導をしていただきました。わーい(嬉しい顔)
今日は、舞台には1人しかいない場面の練習がほとんどでした。
後はBGMのタイミングや、場面のつなぎの暗転も、照明が無いので電気を消すだけなんだけど、大事な仕事だと先生から話があり、周りで見ていた仲間も注目しました。
今シナリオの1番最後のセリフを決めかねていて、頭を悩ませています。もうやだ〜(悲しい顔)
先生(依存症ではない)との、意見のすり合わせが、難しそうで今日も、こちらの案がすんなり通らず、今も悩んでいます。バッド(下向き矢印)
私ももっと協力出来るといいんですけど…あせあせ(飛び散る汗)
シナリオは本当に大変そうです。(ちさこ)ふらふら
posted by darc at 23:21| 日記

女性ハウスの私達パート6

image1.jpeg
今年の夏に
隣の家にいたネコが
5匹くらい子猫を産みました。
朝、女性ハウスから
ステップハウス(デイケア)に行く時に
密かにみんなで
子猫の成長を見守っていました。
ところが、夏の終わりから
子猫の姿が見えません。
どうしたのかなぁと、
みんなで心配していました。
すると、最近になって
5匹のうち、2匹だけが
生き残ったのか(?)
突然姿を現わすようになりました。
そのうち、1匹の母親も加わり、
女性ハウスの軒下で寝るようになっていました。
ヤバいぞ。
さぞかし寒いだろうにと、
横目で、女性の仲間たちみんなで気にし始めました。
「かわいそうだよね。
でも、なんかしたら
ここに住み着いちゃうよね」
と、心苦しい気持ちを抑えて
毎朝ステップハウスに向かうのです。
と、ところが!
なんと、
夜の自助グループでのミーティングから帰ると…
おおーっとぉ!
子猫たちの下に
ダンボールが!
その3日後には
マイクロファイバー素材の
タオルまで敷いてあるじゃないかぁ!
もう、その日から
完全に女性ハウスが
猫たちの寝床に。
そんなことを
してしまうのは…
もう、一人しかいません。
そうです。
女性ハウスの責任者でした。
(ケイコ)
posted by darc at 12:33| 日記