2018年02月03日

近所の方々へ

今日はダルクのすぐ近くの 木之本公民館でお話させていただく機会が与えられました。
地域の住民の方が40名程参加されました。
第1部で保護司の方による保護司の活動〜立ち直りを支える地域のチカラ〜と題してお話をされました。
第2部で私達が「ダルクってどんなところ?〜依存症からの回復〜というテーマでお話させていただきました。
IMG_1834.JPG
ダルクのすぐ近くの住民の方々に活動紹介をする願ってもないチャンスは保護司さんがダルクのことを紹介して下さったとのことでとてもうれしく思いました。
ダルク立上げの時に苦労したことを思い出して、話をしながら思わず泣いてしまい恥ずかしかったけれど、講演が終わると、ある女性の方が近づいて来てあたたかい声をかけてくださってとてもうれしかったです。
最近お世話になっている演劇の先生も来てくれたので、先生にもダルクの印象についてどうだったかを話してもらいました。
この機会を通して一人でも多くの地域の方々にダルクの活動を理解してもらうことで、どこかで苦しんでいる依存症者がダルクの治療プログラムにつながることを願います。(かおり)


「新しい部屋」
ステップハウスが広くなりました。グッド(上向き矢印)
今まで4階は事務所と仲間が日中過ごすミーティングスペースの2つの部屋だったのですが、もう1部屋増えます。
これから改装されるので殺風景ですが、ベンチプレス、ワンダーコアなどのトレーニング器具を運びこみました。これで、日中、好きな時に身体を鍛えることができます。グッド(上向き矢印)
また、演劇や歌の練習もできます。グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
僕は、仲間がいると一人で歌うのが恥ずかしいので、新しい部屋でCDを使って歌の練習をしています。
新曲は全員で「ひまわりの約束」を歌い、希望者は「ジュピター」を歌います。るんるん
昨日、初めて「ジュピター」を合わせたのですが、全然音程が取れなくて、とても恥ずかしかったです。
他の仲間、上手いんだよね。あせあせ(飛び散る汗)
悔しいので練習します。(ジュン)


「今日もお風呂の担当」
今日は介護の仕事でお風呂担当でした。
身体を洗っている間に次の人の頭を洗ったり、額から汗をかいてテンパりながら対応しました。
でも、なんとか今日一日、薬を使わない生活が私に或る…
そのことに感謝です。ぴかぴか(新しい)(ケイコ)












posted by darc at 18:31| 日記